スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

スポーツにおけるリズムの話








よく野球の解説などで「リズムが崩れた。」という表現が用意られる。

これに対して何か疑問を感じていた。

例えば音楽ならBPMという形でリズムが数値化されている訳だが、スポーツにおいてリズムというものが実際に存在して、結果に影響しているのか?

いや、自分も野球をやっていたのでなんとなく有るのは分かる、でもハッキリと把握出来ずにいた訳だ。

だが、そんな事を感じていたら気付いた、
野球どころか【日常はリズムで溢れている】事に。

♦︎リズムに溢れた日常
そう、僕らの生活、日常はリズムに溢れている。

例えば心臓の鼓動、歩く足の運び、物を咀嚼する時、誰もが無意識にリズミカルに一定の間隔で行うだろう。

歩いて居て突然野良猫が飛び出してきたら、調子が狂う。

魚を食べて(噛んで)いて固い骨が有れば同じく調子が狂う。

この様に人は一定のリズムで動く事がとても多い。

これがもう少し大きな枠になると生活リズムやルーティンになる。

これらも勿論狂うと気持ち悪い。

つまり見えない「流れ」てきな物ではなく、物理的に同じ繰り返しが行われなくなると人は調子が狂う訳だ。


気持ち良く投げている所で代打で間が空けば、

気持ち良くアウトを重ねている中でエラーが出れば、

やはり投手のリズムが、調子が狂うのは当然だろう。


という訳で、ひょんな事で目に見えないスポーツにおいての「リズム」が可視化出来た様な気がしてとても気持ち良かった話でした。