スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

トイカツさんの「出来る人 の身体の作り方」はダイエット本の1つの到達点





一言で言えば「ガチダイエット本」かな。

装飾無し、流行り無し、ただただ実直かつ現実的に書いてあるダイエット本。

つまりは1番実用的なの。

世に溢れてる「楽してダイエット」的な本とは一線を置いていて、何をすれば、何に気をつければ痩せれるかが書いてある。

まあ結局ダイエットなんて「運動と食事」なんだけど、そこら辺が凄く分かりやすく説得力を持って書かれてます。
また、世にはびこる様々なダイエット法が何故ダメなのか?も理論的に書いてあります。

スポーツクラブ通いも、スポーツクラブでのバイトも経験してきて運動及びダイエットには割と知識を持っている自分的は長年の疑問が解決した良書でした。

それは何故無酸素運動(筋トレ)がダイエットに効果的なのか?です。


一般的に脂肪を燃やすのは有酸素運動と言われてます。

しかし著者はダイエットには無酸素運動(筋トレ等)と書いてます。

この本には何故有酸素運動より無酸素運動がダイエットに向いているかが書いて有ります。

無酸素運動が具体的にどうダイエットに効果的か。を論理的に読めたのはとても有酸素な体験でした。

○筋トレ(無酸素運動)の消費カロリー

僕個人も無酸素運動メインでダイエット成功経験が有るのですが、中々この無酸素運動の消費カロリーについてのデータは中々見あたりません。

そんな中いくつかの無酸素運動を例に挙げ、消費カロリーを明らかにした事はとても画期的でした。


○筋トレ後48時間ほどのゴールデンタイム
筋トレをすると最大48時間程脂肪燃焼の効率が上がるとの事

これは驚き。凄い!



一般的に「脂肪燃焼には有酸素運動」と言われてますが、いざマシンで走ってみると消費カロリーの低さに驚きます。
ガッカリするくらい低いのです。


そこら辺の消費カロリーの解説から筋トレをした時に起こる体の変化迄が具体的に書かれてます。



もしかしたらパッと見の格闘技色の強さもあり女性の方は入りにくいかもしれません。

しかし、ここまで実用的に振り切ったダイエット本は中々無いと思います。


運動メニューは少し格闘技に寄ってるので必ず実践しなければならない訳ではないですが、理論や考え方はとてもシンプルで強いです。

経験上実践すれば間違い無しと言えると思います。


長年なんとなく抱えていた疑問、そしてそれが原因のモチベーション不足を見事に解決してくれたナイスな本でした。

ただ、なんの知識もなく読むと熱さばかり目立った熱血本だと捉えられてしまうかもしれません。

それでも、色んなダイエットを試してダメだった人、夏までに絶対痩せたいには一読の価値が有ると思います。