スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

今週のお題「高校野球」

この季節、一年を通して最も「非国民感」を感じる。寝ても覚めても、どこへ行ってもテレビ、ラジオから流れる所謂「甲子園」に全く僕は関心が無いのだ。

 

マイナスな感情は一切無い。ただただ無心なだけだ。高校サッカーも高校テニスにも興味が無い様に高校野球にも興味が無いだけなのだが、夏はなんだか後ろめたい様な気持ちになる場面き沢山遭遇するのだ。

 

色々理由は有るが最終的に行き着いたのは、「中学時代の野球部のキツい体験。」が1番な原因かもしれない。

(この場合の「キツさ」は単純な運動的なものだけではなく、向き不向きも含めた複合的なもの。)

 

キツい3年間の部活を終えた自分はとても高校で野球をやる気にはなれなかった。この日々が更に3年続くなんて考えられなかったのだ。

 

つまり高校野球とはオーバーに言えば、自分にとって「地獄のその先」の様な、ハードな定義が無意識に染み付いているのだろう。