スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

ジェットブラックの憂鬱


先日機種変した。
iPhone7pulsのジェットブラックである。

 

iPhone3Gから使ってる自分にとってこのジェットブラックは画期的であり魅力的だ。

 

しかしバンパーと背面フィルムを装着した所、全くiPhoneフィーリングを感じない。

f:id:ikkowman:20170820215312j:image

このジェットブラックの傷付きやすさはウェブ上で確認済みだが、それでも名残惜し過ぎる。

 

検索すると敢えてケースなしで使っている強者がいるもののやはり勇気が要る。

 

この迷い地は「タトゥーを、入れるか?!」にさえ似ている。

やってしまえば後戻り出来ない。
が、最高に快感!なはず。

 

そして銭湯やプールに入れない代償の様に、日々の傷を受け入れなければいけないのだろう。

 

買う前にジェットブラックのこの脆さは知っていたが、それでも手を出したくなる程の魅力を感じた。

 

防水もおサイフケータイも良いが、裸で充分使えるレベルの強度のボディをどうにか作れないものか。