スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

なぜ人はスマホの傷だけ気にしてしまうのか

考えてみた。
カメラにも音楽プレーヤーにも腕時計にもケースなんて付けない。(入れるタイプは別として、一体型は。)

なぜ俺たちはスマホだけケースで守るのだろう。100万円以上する車だって裸一貫で走るのに。

考えたみた。

・一

まず前提として、常に持ち歩くし、どこにでも放り込み、どこにでも置く為圧倒的に傷が付きやすい。

つまり油断すると瞬く間に傷だらけになるので気にせざるをえないのだ。

ただ、自分の場合50万するギターに傷が付いても買って3日のiPhoneに傷が付くほどのショックは受けないと思う。

なぜ、スマホだけがこんなにもショックなのか、、、

・ニ

恐らくそれはインターネットの性質に有るんじゃないのかな?という結論に行き着いた。


外装がどんなにボロボロになろうとスマホのディスプレイには常に最新のニュースや情報が届く。

そして綺麗な写真(画像)が映る。

これがギターや車だと全体的に経年劣化が進むのでギャップが生じないのだ。

つまり「外見がどんどん置いていくのに中身が子供のまま」という様なアンビバレンスが生まれるのだ。

それ故人は極度にスマホの傷を気にするのだろう。

その他、SNS等で自分の今を発し、ラインで自分の意見を発し、電話で自分の声で話す。

・ 締め

この様にスマホは今や自分を表する一番のツールとも言える。そんなアイテムが傷付き劣化していく様を、人は嫌うのだろう。

まだまだ、スマホケースの需要は続くだろう。。