スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

東京ポッド許可局の「タイムスリップ論」とGLAYの「グロリアス」

先日ラジオ「東京ポッド許可局」にて「タイムスリップ論」というのを話してた。

要はノスタルジー爆弾、ノスタルジースイッチの話。
最近シャ乱Q祭りの俺にピッタリの話題だった。

人間は知らないものに出会った時の感動もさる事ながら、知ってるものを改めて味わった時の安心感はとんでもない。


例えるなら好きなアーティストのライブに行った時に、新曲は嬉しいけどノれないが、定番曲はとても嬉しくてノリノリ!みたいな感じ。


さあ、そんなノスタルジっくな中カラオケに行って歌ったのはGLAYの「グロリアス」。

この曲は何度歌っても超気持ちいい!!

後でポッドキャストで解説でもしようと思うが、メロディラインが秀逸で、歌うと究極に気持ちよく出来てると思う。そこに歌詞も相まって快感ソングなのだ。

その他にも90年代ソングを歌いまくった。
気持ち良すぎた。

やはり知ってるか知らないかは大きい。
「これこれ!!」って感覚は強いのだ。

そう、
僕らは新鮮さと安心、安心と飽きとのアンビバレンスと寄り添いながら生きていくのだ。

グロリアス

グロリアス