スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

胃下垂の原因と直し方。咀嚼の大切さ。

前回は胃下垂に効く漢方薬を紹介したが、それでも根本的には回復しなかった。あくまで症状に対するアプローチであり、原因にアプローチしてなかったから。
今回は完全に回復した経緯を書きます。

天城流湯治法との出会い

まずネットで色々調べていた所この記事を見つけた。
凄い技|自然 (じねん)

これはすごい!この技を知りたい!と率直に思うも詳細は書いていない。

ここで杉本錬堂さんを知る。

自分で自分の体を治すワークショップ

話は前後するが僕は錬堂さんを知る少し前に、この記事にも登場する「西荻窪治し屋 」さんで開かれる「自分で自分の体を治すワークショップ」に参加を申し込んでいた。これは「トリカゴ放送」に出演していたタケさんの話に凄く驚き感銘を受けたからだ。
http://www.tkago.net/blog/2016/03/452.htmlhttp://www.tkago.net/blog/2016/03/452.html

この話は本当に驚いた!そして信憑性が有った。
「血流!!!」

なんて信じられる力強い言葉だろうか。

偶然の一致

「ワークショップを申し込む」と「錬堂さんを知る」がたまたま重なったわけだが、調べてみるととうやらタケさんと錬堂さんはとても深い間柄だと知る。

結果ワークショップでは錬堂さんの「天城流湯治法 」の技も体験する事が出来た。

胃下垂改善法

ワークショップでタケさんに聴いた。胃下垂の一番の原因は咀嚼不足とのこと。自分自身めちゃくちゃ思い当たる節がある。普段はもとより、人と食事する時などはつい会話などをしてしまいつい咀嚼が足りなくなる。

錬堂さんは様々な体の不調の原因を咀嚼不足だと仰っている。口は解剖学的には消化器官らしい。まずは口でしっかり咀嚼し、唾液と混ぜ合わせてから胃に送るのが負担が少なく体に優しいのだ。


このワークショップの日以来、よく噛む事を意識してからすっかり胃下垂によるお腹の症状は治まったし、お腹の調子はすこぶる良い。
漢方を飲んだり、整体を受けても、噛まずに早食いしていては元も子もなかったわけだ。

咀嚼、そして天城流湯治法は本当に凄い。
僕は東洋医学が大好きで、不調には物理的な原因が何かあると考えている。そんな考えをスッと腑に落としてくれたのが天城流湯治法、錬堂さん、タケさんとの出会いだった。

胃下垂を初め、不調にお困りの方には是非お試し頂きたい。