スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

グレイトフルデッド にマーケティングを学ぶ。レビュー

読みました。

読んでみて気付いたけど、マーケティングって結局手法は一つなんだな。
ここ最近ズラっと似たような本を読んだんだけど主張は一貫してた。

グレイトフルデッド が活躍し出したのが40年前らしく、この40年前の手法と最新の西野さんの手法になんら変わりないの。

「マーケティング=人の心をこちらに向ける、掴む」な訳で、それをするのに早道も魔法も無い。
「与えて信用を得る。」これだけなんだなと。

ただ同じテーマの本を数冊読むと、それぞれ微妙にズラして書いてある本質が大きく見えてくる。
かなり見えた!新しい世界が!ではなく、身の回りに漂ってた空気が見えた様な、世の中の本質が見えた様な、それはそれは「ユリイカ!」な体験。

自分が陥りがちな「0or100」思想がいかにいけないかもも分かった。
兎に角視界が明るく鮮明になった。

とにかくマーケティングや商売に関係ない人、興味がない人でも得るものが沢山有ります。人付き合いとか生き方にも繋がってる。

アッコ先生がポッドキャストで「人が変わるには書籍を読むしかない!」と言ってたけど、ここまで大きな読書体験は初めてだ。余りにも得るものが大きな、読書体験でした。あらゆる人におススメなジャンルです。

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

  • 作者: デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン,糸井重里,渡辺由佳里
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/12/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 10人 クリック: 133回
  • この商品を含むブログ (64件) を見る

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?