スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

焼酎へ挑戦の日々

昭和最後のビール党と呼ばれ早何年が経つだろうか?(ウソ)

一時ワインにかなり傾倒したが、よくある病み上がりの味覚変化により今やめっきり飲めなくなってしまった。不思議。

自宅でハイボールを作って飲む時期も定期的にくるが、やはりビールに戻ってしまう。

根本的に麦の風味が好きなのか?!とさえ思うこの頃。

今回のテーマ焼酎について。

焼酎は飲み屋に行っときなどに、ボトル入れて安く飲む定番。みたいな感じで付き合って来た。
若い頃飲み過ぎては次の日気持ち悪さと共にやんわり香る焼酎の匂いがトラウマとなりどんどん離れていった。

しかし、歳を重ねると周りは皆焼酎飲みになる。
誰も彼もビールを2杯飲んだ辺りで「次は焼酎貰おうか。」と言い出す。
安いからという妥協とかではない、彼らにとって焼酎はビールと並ぶ主戦力、レギュラーなのだ。


酒自体は全然苦手ではないし、これだけの人が支持する焼酎の魅力を分からないのは損だなとずっと思ってきた。

その流れで春位に「赤霧島」を買って飲んだが、やはりそこまで親密にはなれなかった。

そして先日友達飲んだ時にずっとお湯割りをキメる姿に、直後に他のグループでも皆がお湯割りを口にする姿に刺激を受け、焼酎リベンジへの挑戦を決めた。

何気なく寄った近所の酒屋で、店員のおばちゃんが良い人だったので何か買って帰ろう。と思って手に取ったのが赤薩摩富士でした。

何故かイカした焼酎好きは芋の印象がある。
おそらく最も癖があり、入りにくいのが芋なのだろうが、つい買ってしまう。
(よく考えればビール好きならまずは「麦」だよなとやっと気付いたので今度試してみよう。)

買ってきた薩摩富士で早速お湯割りをキメる。悪くはない。悪くはないが決め手がない。
ロックをキメる。悪くはない。以下同文。。。


悪くもないのだが、良くもない。
結果ビールに代えて飲む程グッとくるものを得られないのだ。

これって単純に好み、口に合わないのかな?
と半分諦めたものの、まだ気になる。この文を打ちながら飲んでいるのは薩摩富士お湯割りである。

そして先日最期の砦、秘密兵器。こいつが口に合わなければ諦めるか!!と思える焼酎を仕入れた。
詳しくはまた書きます。

とりあえず、今夜もぎこちない関係の焼酎とねむろう。