スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

音楽で得る高揚感と菊地成孔さんが語る音楽の効能



音楽を聴いた時の高揚感のことを考えてた、あの感覚を表すならこんな感じかな、と。

前の記事で書いた様に人はなんらかのリズムを刻みながら生きている。

スポーツにおけるリズムの話 : モスラとスカイツリー


そして音楽には曲ごとに「リズムがありBPM」が有る。

それ故音楽を聴いている時、没頭している時、人は自分のリズムを捨てその音楽のリズムに乗っている事になる。

ここに非日常が生まれる。

オーバーに言えば日常、平常を離れられる。

ここではないどこかへ「連れてってくれる」感じ。

前にこんな記事を書いた。
今夜もロックンロールに殺されたい|コロコローリングコミック|note

ヒロトも音楽を聴いてて「うわー!しぬー!」って思う時が有るらしい。

僕自身も【シチュエーション】【思い入れ】等々様々な【高揚】が重なり「どうなっても良いぜ!」なんていう音楽経験をつい先日体験した。

やはり音楽は凄い力を持っている。

因みに音楽の持つ強さ、力、について教えてくれたのは菊地成孔さんだ。

ラジオ「粋な夜電波」の中で何度も音楽の強さ、素晴らしさについて語っている。

中でも印象的だったのがミュージックプレゼントという企画での「亡くなった父から、何か曲を贈られたい。」といリスナーさんに対しての返答です。

詳しくは以下で文字起こしされてます。

http://d.hatena.ne.jp/djapon/touch/2014042

父の死をキッカケに心が病んでいるリスナーさんを分析し、菊地さんは取引を求めた。

その内容は「本を10冊捨てくれ。」というもの。(菊地さんは文面よりそのリスナーさんは読書家と推察。)

そしてその代わりに初めての音楽を菊地さんが送るというよの。


菊地さんは「文字」 は中毒性があり時に精神疾患を引き起こすと語っています。

ただ同じくらい音楽が有れば平気だとも。
この手の話を他の回でも数回してたかな。

音楽は精神にとても良い影響を与えると。

先程文字起こしを改めて読んでハッとしたんだけど、ここ数年自分が「日々楽しい。」と思えているのは間違いなく音楽によるものです。

そして音楽を以前より「理解」したからと思われます。


文中に有るこの部分
多分…あなた、不幸にしてですね、音楽を聴いたことが今まで無かったんじゃないかな?って思うんですよ。
「いや、聴いてましたよ!」と仰るかもしれませんが、「美味しく食事をしてない」とか、「本は読んだ事はもちろんあるけども、全然覚えないし、読んだ気がしない。」とか、そういう不全を人は起こしますよね。
あなたにおける音楽は、そういうものではないかと推測しております。



自分も大袈裟に言うとこんな感じだった気がします。

好きなアーティストの曲を記号的に聴いてたいただけだった様な。


そんな中、その感覚を、聴き方を?一変させたのはとあるアーティストとの出会いでした。

そのアーティストについては次の機会に。

なんか色々話がスリップしましたが、音楽の高揚感と音楽の持つ力についてでした。

とりあえず以下の様になりかけてるのは確かです。

音楽が100%充実…これはややもすると、生活は破綻してしまうかもしれませんけども、精神的には最も健康な状態になります。


破綻、、、笑





image