スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

「カッコいい」の幅の広がりを考えた

たまにL'Arc-en-Cielの曲を聴くのですが、毎回hydeさんの歌声にキュンとしてしまいます。

あの日本人離れした顔立ちに加え、セクシー名声質と声量は正にhydeになる為に生まれてきたかの様です。


考えてみると自分が中高生の時、L'Arc-en-Ciel、GLAYLUNA SEA黒夢等が全盛でした。

いや、今も変わらず活動されているので全盛なんて書いたら失礼にあたるかもしれませんが、とにかく大人気、イケイケだったんです。

なので、若者の間で憧れだったり、カッコいい有名人となるとこの辺りのメンバーだったりした訳です。

しかし、髪は長くてカラーリングしてる、メイクもしている面々は中高生からしたら余りにも遠く雲のような存在でした。



ナチュラルな魅力


いつからか『ナチュラルと』とか『普通っぽい』というのが魅力な有名人が増えてきた気がします。

近年のアーティストだったらFUNKY MONKEY BABYSだったりナオトインティラミさん、はたまたGReeen(姿は見えませんが。)だったりでしょうか。

いや、あの頃だってウルフルズとかいたじゃん!て話では有るのですが、今程その『ナチュラル』枠って認められて無かった気がするんですよね。
というかウルフルズはまた違う枠でしょうか。


今の俳優だと佐藤隆太君や、それこそ向井理さんなんかもそうかな。

EXILEなんかも街や海に居そうなお兄さん感は有りますし。

中田英寿の出現


それと世間で一重まぶたが認められたのも中田英寿出現以降だった記憶が有ります。

いや、勿論好みで切れ長の目が好き。なんて人は居たはずですが、なんか彼の出現依頼一気に市民権を得た気がするのです。

それと髭が広がったのも中田ブレーク辺りからだった覚えが有ります。

男性の髭率はここ20年でグーンと増えましたよね。

黒髮


それと黒髮の普及というか、在り方も変わったかな。

元バンドマンの方がこぞって今は黒髮だったりしますね。
歳を重ねて落ち着いたといえばそれまでですが、やはり黒髮もオシャレというか、素のままでもイけてるという風潮が絡んでいるとは思います。

まとめ


つまりあの頃はカッコつけないとカッコ良くないというか、イジる、加える事によって生まれる華やかさがカッコ良さだった様に感じます。

それがだんだんナチュラルだったり飾らないのもカッコ良いとされてきたのかなと。

そしてそれにより、今の中高生は割と限られた校則の中でもコンプレックスを感じることなく自分磨きが出来ているんじゃないかな?と思ったのです。

中々hydeに似てるね!とかJIROに似てるね!なんて事は無いですが、佐藤隆太君や向井理さんなら無くは無いでしょう。
(ただ中学の時、奇跡的に清春さんにクリソツの子が隣の学校に居ました。あれは凄かった。)

より広い特徴や魅力が世間一般に広がり認知されたと考えると面白いなと思います。