スモーキー・ブルースカフェ

メニューは店主のオススメアレコレです。

壇蜜日記を読みました

kindleで読みました。

存在を知って即ポチするものの暫く放っておいた。

「本は買って満足!」的な最近だったので。笑

何度か書いてるけど、自分はラジオで壇蜜さんを知りました。
この人本当に頭が良いのです。

ラジオ大好き人間ですが、色々聴いてきた中でもトップクラスの返し、トーク術でした。

そんな彼女の著書、面白くない訳がありません。




感想


中身はまんま日記です。

◯月◯日(天気)
に続いて日記が書いてあります。

時には一行一言。
長くても十行程度でしょうか。

なのでテンポ良く読めますし、いつでも中断できます。


芸能人とはいえただの日記を売り物にするのってかなりハードル高いと思いますが、彼女の言葉選びと意外な素朴さ、そして独特な視線が読み物として成立させてます。

因みに個人的な分析ですが文脈というか芸風は若槻千夏さん、指原莉乃さんと同種と感じました。(あくまで文の上でのボケの方向性です。)

読んで驚くのが、この上ないセクシーさと美貌をお持ちの壇蜜さんですが、物凄く謙虚なのです。

これは決して表面上の物ではなく、本当に自信をお持ちでないのが読んでいて分かります。

これは絶妙なバランスでして、美人でセクシーで頭が良いのに、素朴で謙虚。

そしてファッションセンスが無い!(これは何かの番組で彼女自身が明言してました。)

この絶妙なバランスがとても愛くるしい。

彼女のルックスでめちゃくちブランド好きだと気が引けるし、ガツガツした性格でもちょいとキャラとして濃すぎます。

そこら辺の絶妙なバランス、言わば弱点、もっと言えば「隙」が有る様が男心をくすぐるのでしょう。

そういった彼女の飾らない魅力が詰まった日記です。

彼女の事をパブリックイメージ程度しか認識していない方には是非読んで欲しいです。

最後に


僕は彼女のトークをラジオで聴いて、あまりの懐の深さと頭の回転に驚き、この人は売れる!と確信しました。


大袈裟に言うと有吉さんの様になるのではないか?!とさえ思いました。

しかしその様になる事はなく数年が経ってます。

その要因ともとれる事が本書内に書かれてました。


どうやら壇蜜さんはどの番組に出ても「エロさ」「セクシーさ」を求められてしまう様です。


これは壇蜜さんの1番の武器ですから当たり前と言えば当たり前ですが、何よりテレビスタッフ等の殆どの業界人が彼女の頭の良さ、トーク力を知らないのでは無いでしょうか?

そして彼女は頭が良いからどんな振りにも100点のエロさで返します。

即ち、滑る事がないからいつまでも「エロさ」を求め続けられるでしょう。

僕的には本当に勿体無いと思います。

才能が埋もれてます。

音声メディアであるラジオなら過剰は「エロさ」を求められる可能性は少ないので、彼女の他の魅力が現れやすいのですが、どうしても喋りのイメージは薄く、余りお呼びはかからないのでしょう。


ああ!すっかり忘れてましたが壇蜜さんはラジオ番組をやっているはずです。
(こんなに推しておいて未だにノーチェック。ラジオ好きと言いながら専らPodcast派でして。)

ただ、彼女がパーソナリティーの限り基本的にはエロ目な設定で番組が作られていると思うので才能を発揮してる可能性は低いのではないかと思われます。

とりあえず近々チェックしてみます。


と、大きく書籍から離れて「壇蜜論」になりましたが、「壇蜜日記」はとても読みやすいのでおすすめの一冊です!!